ファーミック / 添付文書改訂情報
ファーミックグループ 地域住民の「くすりの図書館」を目指すファーミックグループ
採用情報サイトへ

ホーム ≫ What's New ≫ 薬局薬剤師のためのお薬情報添付文書改訂情報一覧
添付文書改訂情報index

2021年5月添付文書改訂

■ツムラ小柴胡湯加桔梗石膏エキス顆粒
■コレクチム軟膏0.25%,同0.5%
■リンヴォック錠7.5mg,15mg
■ コレクチム軟膏0.25%,同0.5%
1. 改訂年月
2021年5月
2. 改訂内容
<追加>[下線部追加改訂]
【用法・用量】
通常,小児には,0.25%製剤を1日2回,適量を患部に塗布する。症状に応じて,0.5%製剤を1日2回塗布することができる。なお,1回あたりの塗布量は5gまでとするが,体格を考慮すること。
3. 解説
★アトピー性皮膚炎治療薬のコレクチム軟膏(一般名:デルゴシチニブ)は、これまで16歳以上にしか使用できませんでしたが、今回小児用法が追加され、2歳以上の小児に使用可能となりました。

【ここがポイント!】
本剤はこれまでのステロイド薬やプロトピック軟膏(一般名:タクロリムス水和物)と異なる機序でアトピー性皮膚炎に作用します。すなわち、細胞内の免疫活性化シグナル伝達に重要な役割を果たすJAKの働きを阻害し、免疫反応の過剰な活性化を抑制することでアトピー性皮膚炎を改善する、非ステロイド性の外用JAK 阻害剤です。
これまで16歳未満の中等度以上の患者さんには、ステロイド外用薬とプロトピック軟膏の小児用しか適応がありませんでした。
ステロイド外用薬は短期使用での効果は確実ですが、長期使用では皮膚委縮などの副作用が懸念されます。一方プロトピック軟膏は塗った後のピリピリとした刺激感が気になる場合があります。
本剤の使用のタイミングとして、ステロイド外用薬によって湿疹が落ち着いてきたところで本剤やプロトピック軟膏を用いて、状態を維持したり悪化を防ぐために長期的に使用するという方法が考えられます。
なお、2021年3月現在、6 ヵ月以上 2 歳未満の乳幼児アトピー性皮膚炎患者を対象とした国内第Ⅲ相臨床試験が実施されています。
4. 写真
コレクチム軟膏0.5%
※主に添付文書、医薬品インタビューフォーム、審査報告書を参考に作成いたしました。
※薬の使用にあたっては、必ず処方する医師の指示にしたがってください。
(文責 下平秀夫) 2021年9月

※本ページに掲載している記事および図表等に関する著作権は株式会社ファーミックにあります。
 製品写真については、「写真付/服薬指導CD-ROM」(八王子薬剤センター発行)より許諾を得て使用しています。
 本ページの内容の全部または一部について引用・転載等をおこなう場合は出所を明記してください。


ページ先頭に戻る

 Copyright(C) PHARMIC CO.,Ltd. All rights reserved.