ファーミック / 添付文書改訂情報
ファーミックグループ 地域住民の「くすりの図書館」を目指すファーミックグループ
採用情報サイトへ

ホーム ≫ What's New ≫ 薬局薬剤師のためのお薬情報添付文書改訂情報一覧
添付文書改訂情報index

2021年1月添付文書改訂

■アンカロン錠100
■イグザレルト錠10mg,15mg,同OD…
■ アンカロン錠100
1. 改訂年月
2021年1月
2. 改訂内容
<変更>[下線部変更改訂]
【禁忌】【併用禁忌】
シルデナフィルクエン酸塩(勃起不全を効能又は効果とするもの)、

<追加>[下線部追加改訂]
【併用注意】
シルデナフィルクエン酸塩(肺動脈性肺高血圧症を効能又は効果とするもの)
3. 解説
★​アンカロン錠(一般名:アミオダロン塩酸塩)について、肺動脈性肺高血圧症(PAH)に用いるPDE5阻害薬シルデナフィルクエン酸塩との併用禁忌を解除し、「併用注意」となりました。ジェネリック医薬品についても同様の改訂となります。

【背景】
日本循環器学会と日本小児循環器学会は、臨床ではシルデナフィルは小児の保険適応もありPAHに広く利用されており、当該患者で重篤な不整脈を合併した場合などにおいてシルデナフィルが投与され、上室性頻脈が発生した場合にアミオダロン(経口剤)の併用が必要となることなどから、両剤の併用禁忌の解除を求めていました。それを受け、専門委員による協議を経て今回の結論にいたりました。

【ここがポイント!】
シルデナフィルクエン酸塩をPAHに用いる場合には併用できることになりましたが、EDに用いる場合には従来どおり禁忌です。
4. 写真
アンカロン錠100
※主に添付文書、医薬品インタビューフォーム、審査報告書を参考に作成いたしました。
※薬の使用にあたっては、必ず処方する医師の指示にしたがってください。
(文責 下平秀夫) 2021年6月

※本ページに掲載している記事および図表等に関する著作権は株式会社ファーミックにあります。
 製品写真については、「写真付/服薬指導CD-ROM」(八王子薬剤センター発行)より許諾を得て使用しています。
 本ページの内容の全部または一部について引用・転載等をおこなう場合は出所を明記してください。


ページ先頭に戻る

 Copyright(C) PHARMIC CO.,Ltd. All rights reserved.