ファーミック

  • インフルエンザに使用する薬剤
  • 薬局における問診票(薬歴カード)
  • 3種のワクチン、2013年4月より定期接種へ
  • 保険薬局での窓口負担について
  • 薬学教育6年制とは
  • OTC薬の新販売制度



  • ■ OTC薬の新販売制度

       2009年6月から、医師の処方せんがなくても薬局・薬店で購入できる市販薬(OTC薬)の販売制度が大きく変わります。OTC薬はリスク(危険度)の程度によって3段階に分類されます(表1)。 第2類医薬品においては、特に注意を要する医薬品を「指定第2類医薬品」として区別します。
        これからはリスクの程度に応じた情報提供や相談体制が求められます(表2)。このリスク分類は消費者が一目でわかるようにOTC薬の外箱に明示されます。 陳列方法についても、最もリスクが高い第1類医薬品は消費者が直接手に取れないところに陳列する必要があります。このため、薬剤師がいない時間帯は第1類医薬品を陳列する区画を閉鎖することになります。また、指定第2類医薬品は販売側のみが手にとることができる陳列方法とするよう努めることが望ましいとされています。
        さらに、いままで消費者にわかりにくかった「一般販売業」と「薬種商販売業」が「店舗販売業」に一本化されます(表3)。これにより、調剤を行いOTC薬も販売できる「薬局」と、OTC薬の販売のみを行う「店舗販売業」とに明確に区別されます。 登録販売者は第2類、第3類のみを販売する店舗の管理者になれ、薬剤師の下で3年程度の経験を積めば第1類を販売する店舗の管理者になることも可能です。 ただし、あくまで第1類医薬品を販売できるのは薬剤師のみです。薬剤師には新販売制度の目的と意義をしっかり考えた上での適切な対応が望まれます。
    「OTC薬の新販売制度」
    (文責 下平秀夫) 2009年1月
     2009年3月 更新



    ※本ページに掲載している記事および図表等に関する著作権は株式会社ファーミックにあります。
    本ページの内容の全部または一部について引用・転載等をおこなう場合は出所を明記してください。

    薬剤師トピックスを閉じる

     Copyright(C) PHARMIC CO.,Ltd. All rights reserved.